名古屋でツルスベ肌に脱毛できる初めての脱毛サロンを探しているあなたにおすすめの情報をお届けします。

【名古屋版】脱毛エステサロンおすすめナビ | 値段や効果を比較!

脱毛コラム

脱毛は恥ずかしい?!抵抗感をなくして脱毛を楽しむ方法

更新日:

脱毛 恥ずかしい脱毛は恥ずかしいので、通いたくないという女性は意外と多いでしょう。サロンやクリニックなど、どこで脱毛をするにしても、VIO脱毛のように恥ずかしい部位は色々とありますよね。

でも自分では、なかなか綺麗にできない脱毛。最近は料金が安くなっていることも、脱毛を始める人が多い理由です。

新規店舗があちこちにオープンし、仕事や学校、買い物帰りにも通いやすい環境が整っています。最後に引っかかるのは、肌を見せる脱毛が恥ずかしいという点だけ。

そんな悩みを抱えている人が、抵抗感をなくして脱毛するための心構えについて早速ご紹介します。恥ずかしいのは最初の一回だけ。そんな気持ちで臨んでみませんか。

 

脱毛は恥ずかしい?気になる体勢について

脱毛の施術は、サロンで用意されたガウンに着替えて施術専用の個室で行います。脱毛箇所を見るのは、施術をするスタッフのみ。

しかし部位によっては恥ずかしい体勢もあり、当日までドキドキして待つ人もいるでしょう。そこで知っておきたい、一般的な施術時の体勢についてお伝えしていきますね。

 

ワキ脱毛

ワキ脱毛は人気の部位の一つで、料金が格安なのでサロンでも件数を多く施術しています。ワキ脱毛は、スタッフに見せる肌の部位がほんの一部なので、さほど恥ずかしいと感じることはないでしょう。

一般的にはトップスだけを専用のガウンに着替えて、ベッドの上に仰向けに寝た状態で腕を上げて施術してもらいます。

10分前後で両脇の施術が終わるほどとても短時間なので、恥ずかしいと感じる前にすでに終わっているでしょう。

 

Vラインの施術

若い年齢層だけでなく最近は50代以降の女性も、将来介護をされることを考えてVIO脱毛を始める人が増えているといわれています。

Vラインはその中でも露出する部分が少ないので、IラインやOラインよりは抵抗感が少ないかもしれません。

VIOは、基本的にサロンで用意した紙製のショーツに穿き替え、ラップタオルで全身をくるんでベッドに寝ます。

施術の際は仰向けになり、施術部分だけのタオルとショーツをめくります。もしくはショーツからはみ出た部位だけに光を照射する場合もありますので、全く下着を脱がずにできる場合もあるでしょう。

Vラインは広さがサロンで決められている場合もあるので、どの程度の範囲なのか事前に確認しておくと安心です。

 

Iラインの施術

Iラインは仰向けの状態で、施術する側の足は膝を立てくの字に曲げた状態で左右を行います。

紙製のショーツはお店ごとにデザインが違い、IラインはTバックなどの小さめのショーツを使用する場合もありますので、サロンの指示に従ってください。

 

Oラインの施術

Oラインは、ベッドにうつ伏せになった状態で施術を行います。お尻の肉を広げて施術をするので、スタッフの一人が照射担当、もう一人がお尻を広げる担当になる形もあるでしょう。

VIO脱毛では、多くの人がOラインが一番恥ずかしいという意見がありますが、施術時の体勢は実際にやるまでは不安でいっぱいですよね。

 

全身脱毛の場合

月額制の全身脱毛専門店が、近年とても人気があります。料金も格安なので脱毛は恥ずかしいけれど、まるごと一気にやってしまおうという人も増えています。

全身脱毛の施術時の体勢ですが、通常は上半身と下半身を分けて施術するため、全裸でベッドに寝ることはありません。

ラップタオルやタオルで体を覆っていますので、施術箇所だけをめくるだけなので脱毛が恥ずかしい人にもさほど抵抗はないでしょう。

体勢は部位によって変わりますが、うつ伏せになった時は一気に体の裏側を施術するなど、効率的にサロンが意識してやってくれます。

 

脱毛は恥ずかしいけど抵抗感を持たなくてもよい理由

脱毛は、施術部位の肌を露出しないとできないことなので、ワキでも腕もスタッフに肌を見せることは覚悟しなければなりません。

女性同士とはいえ恥ずかしい脱毛。抵抗感を持たなくてもよい理由があります。

 

全裸姿になることはない

施術前は、専用のガウンやラップタオルなどに着替え、下着をつけない状態です。しかしその時に施術する部分が下半身だけなら、上半身は洋服のままでやってもらえることもあります。

また全身脱毛の場合も施術箇所だけをめくるので、全裸でベッドの上に寝かされることはありません。

ガウンの下は全裸かもしれませんが、スタッフに見られるのは施術箇所だけなので多少は恥ずかしい気持ちが薄れるはずです。

 

短時間に終了する

一番恥ずかしいVIO脱毛ですが、どの部位も時間にすると施術は10~15分程度。スタッフはテキパキとやってくれるので、初めての人もそれほど抵抗感は感じないでしょう。

たった10分程度なら、あっという間の出来事。何時間も裸を見られることを考えると、決して耐えられない時間ではありませんよね。

 

スタッフは経験済み

脱毛は恥ずかしいと感じるのは、初回だけという人がほとんどです。慣れてくるとVIOも、腕やワキのように抵抗感がなくなるでしょう。

スタッフは脱毛を経験済みなので、恥ずかしい体勢も理解してくれています。また毎日何十人も裸を見ているので、見慣れていることも忘れてはいけません。

VIOはニオイが気になる人もいるようですが、スタッフはマスクを着用していますのでさほど心配することはありません。

施術はスタッフの指示に従い、安全に終了することだけにフォーカスしていましょう。

 

触れるのは必要最低限

VIO脱毛は、施術部位を触られるのが抵抗になる人もいます。施術はその部位を広げるだけなので、触れる部分は最低必要限。

また肌の火傷など、安全性を意識して施術していますので、裸をじろじろと見る心の余裕も時間の余裕もないでしょう。

女性同士なので不安や疑問を理解していますので、過剰な心配や恥ずかしい気持ちは抱かなくても大丈夫なのです。

 

まとめ

脱毛が恥ずかしいと感じた時は、施術中は目を閉じてゆっくりと深呼吸しましょう。もちろん光が目に入らないように、ゴーグルやアイマスクを着用していますので、スタッフと目が合いバツが悪い思いをすることもないのです。

すべすべ肌で自信をつけるためには、最初の勇気だけが必要です。今では多くの人が全身脱毛をするといわれるほど、常識にもなりつつあります。

恥ずかしい壁を乗り越えるのは、一人だけではないのです。それよりもムダ毛が処理されないまま肌を露出して生活するほうが、もっと恥ずかしい瞬間がたくさんあるかもしれません。

-脱毛コラム
-,

Copyright© 【名古屋版】脱毛エステサロンおすすめナビ | 値段や効果を比較! , 2019 All Rights Reserved.